神のご計画 --「聖書」から解説します。--

下に書いていることはほんの一部のことですから、もっと知りたい人は是非、教会へ行き牧師さんに尋ねてください。又、聖書を読んでください。

    天地創造主(神)と人は一緒に住んでおり家族のようでした。 しかし、人は罪を犯し、天地創造主(聖なる方)と一緒に住むことが出来なくなりました。
    その結果、創造主と離れて生活するようになったのです。 それが現在、住んでいる世界です。
    天地創造主は、ご自分と人との関係を回復することにしました。 そしてある計画を実行することにしました。 そのご計画とはイエス・キリスト(神の愛)です。 創造主と人との関係を回復するには神からの助けしか出来ない事をご存知でした。 
    その計画をわかりやすく書いたのが聖書です。
    これは人間に限界を教え、人が自由意志によって創造主に赦しを請うためでした。 そのことによって、私たちと神が密接な関係を持つためでした。
    創造主は、自分を尊重する人を救い出す事にしました。
    人を正しく導くために色々なルール、道徳、律法を作りました。  そして創造主に従う民、ユダヤ人を選び、世界中の人々を救う良い見本?としました。 
    その結果ユダヤ人は、ルール、道徳、律法を守る方向へと進みました。
    完全に守れなくても、一生懸命努力をしました。 努力をすれば必ず創造主に愛されると思って頑張りました。 その結果、創造主の心を大事にするよりもルール、道徳、律法を守ることの方が生きる全てになってしまいました。 なんと愚かことでしょう。
    ユダヤ人はだんだんと創造主から離れ、人間自身が創造主を忘れ自分勝手な道へと進み始めました。 創造主は全てのことを初めからご存知でした。 人間の弱さを知っていました。
    それから、創造主はイエス・キリストをお用いになって、人と創造主との関係をハッキリとお示しになりました。 
    それだけではなく、「神の愛」ということを助け主を与えてくださり、ハッキリと教えてくださったのです。 そうして人がイエス・キリストに赦しを請い、創造主との密接な関係を持てるようになりました。  哀れなユダヤ人は、世界の人々を救うための悪いお手本となったのです。
    イエスキリストを十字架で殺したことで、1900年間苦しんだのです。 誰が1900年間も苦労した民族のユダヤ人だと言うでしょうか? 異国の土地で生活すると何世代、あるいは何百年間、同じ血筋が続き、同じ生活習慣が続くでしょうか? 人間の答えは1900年間も続かないということです。 しかし、神のことばによって(神のご計画)そのことがなされています。
    創造主はユダヤ人だけではなく、世界の人を救うために聖書を用いていらっしゃったこと。 聖書イエス・キリストそのものであること。 世界の人が救われた後に、ユダヤ人も救われることなどハッキリとお示しになりました。 
    聖書は、今の時代をはっきりとこう言っています。 「今は恵みの時、今は救いの日です」と、、
    現在、世界の人々に救いが宣べ伝えられ、終わりの時を迎えようとしています。 又、逆に創造主を大事にするといいながら、自分勝手な信仰を持って歩んでいる人へ、神のさばきが下りようとしています。
    皆さん、さばきは今までクリスチャンとして迫害され、殺され、痛めつけられた人たちの救いのためにあります。 成長しないでいる生ぬるいクリスチャン、イエスを信じない人は受けて当然のさばきです。 どうかその前に主イエスを信じてください。
    あなたもぜひ、神のご計画の中へ参加しませんか? 神はあなたを愛しています。 
    なぜこんなに恐ろしい世の中になるのでしょう。 それは全ての人が救われることを神が望んでおられるからです。
    もう一度言いますがこの事は、この世界が出来た時から定まっていることなんです。 神がそのように決められたからです。
    キリスト教会はいつでもあなたの参加を歓迎いたします。

ホーム | 前に戻る