クローン人間 --私の考え--

    クローン人間の開発をしている人、開発をしようとしている人は、その作業を中止した方が良いと思われます。 なぜなら、成功と失敗は紙一重だからです。
     ある人は言います。 クローンは人間ではなくてモノです。 本当にモノでしょうか? 自分で物事を考え行動できるとしたら生き物です。
     人間を生き物のモルモットにして良いのでしょうか?

     あなたが人間モルモットとして生まれたらどうなるでしょうか? 奇形児として生まれたなら、殺されてもいいですか? 成功するまで殺され続けますか? 何を持って成功したとかしないとか決めれますか?
     クローンの最終目的が人間であるとしたら、クローンと自然の関係で生まれた人間を殺した時、どのような違いがありますか? クローン人間だったら、自然の関係で生まれた人間と違う死に方をするのでしょうか?

     もしあなたがクローン人間を作ったとした場合、あなたはクローン人間を愛して育てていく自身がありますか? 生まれたクローン人間は、人々から注目され、自然の関係で生まれた人間と比較され生きていきます。
     この間に受ける傷は本人しかわからないし、とっても大きな傷となり残ります。 その傷によって、本当の人間を殺し始めるかもしれません。 それでは、そうならないように縛り、監禁しておきますか?
     必ず誰かが、親代わりとなって、愛を持って、クローン人間を育てなくてはいけません。 なぜ私、クローン人間が存在するのか? なぜ生まれたのか? 自然の関係で生まれた人間と自分との違いは何か?

     それではあなたに聞きます。 それらの問題が解決をしていないのにクローン人間を作ると、誰かが責任を持たなければなりません。 やはり、クローン人間を作った人が責任を持たなければいけないと考えます。 それとも、誰かが責任を取ってくれるだろうといって開発を続けますか?

     具体例を上げて物事を考えましょう)

     もしあなたがクローン博士で成功して自分の子供と同じ、クローン人間が出来た場合、この子供が物心がわかる前に殺しますか? それとも二人目の子供だといって一緒に育てますか?
     ほとんどの場合、自分の子供からクローン人間を作らないで、他人の子供を使うでしょう。 または、まだ子供がいない人、親子の愛を知らない人なら出来るかもしれません。

     クローン人間の将来はどうなりますか? この子が大きくなった時、あなたの父と母はいないと言えますか? あなたはクローン人間だと言えますか?
     告白されたクローン人間は、どんな気持ちでしょうか? 一人の人間を育てることは容易でしょうか? そこにあるのは親子関係だけです。 確かな親子関係らしきものがあったとしても、なぜ自分が生まれたのか必ず知りたい時が来ます。 モルモットとして生まれたのでしょうか?  兄弟もいない? 一人ぼっち? 養子にしますか? こんな状態の子供を作りたいですか? あなたはその子の気持ちがわかりますか? 本当に未来のために行ないますか?

     自然分娩でも奇形児は生まれます。 ましてクローンは色々な人間の様々な要素が入ってきて  自然分娩よりも奇形児が生まれる確立は高いと思われます。  それと、クローン人間は普通の人間として認められるでしょうか?  社会保障はどうなりますか? 医療保険がカバーしてくれるでしょうか?  親は? 育ての親? それとも理学博士? それとも元の細胞を提供した人? このクローン人間の親代わりの人に、あなたは将来、訴訟問題で訴えられないでしょうか? クローン作りに成功したとしても、奇形児のクローンを作ったといって、訴えられたら何の意味があるのでしょうか?

     興味本位、困っっている人のためにといって実験を正当化していませんか? 本当はそれらのことは神の行なうことであり、しっかりと責任者が決まっています。  しかし、クローン人間の場合はそれを作った人が最高の責任者となります。 そこは神の領域であり、神聖なものなんです。 それをすべて人間が判断して行なわなければなりません。 人間の行なう裁判、判断には限界があるからです。 またその時の気分で考えが変わるからです。 人間の判断に任されたクローン人間は不幸であり、哀れです。 そのクローンを開発するあなたは、もっと大きな問題が迫っていることに気付かないでいます。 本当に哀れな科学者であり、人間です。

     アインシュタインは原爆の作り方を人々に教えました。 その後、どうなりましたか? 成功したと喜んでいましたか? 結局彼は、自分が行なった誤りに気付き、平和運動を始めましたが、世界の国々はどんどん原爆、水爆、中性子爆弾という恐るべきものを作り続けています。 食べ物がないといって死ぬ人が大勢いる時代に、たくさんのお金をつぎ込んで、攻撃、防御システムを無限に考え続けています。 本当に哀れな人間です。

     人間は困っている人に目を留めず、大きなお金をつぎ込んで、神さまのようになろうとして単純な問題を複雑な問題にして愛を見失っているのです。 責任取れない事は最初から止めたほうがいいのです。 止めれない所に大きな罪があるのです。

ホーム | 前に戻る