この世の終わり --「聖書」から解説します。--

下に書いていることはほんの一部のことですから、もっと知りたい人は是非、教会へ行き牧師さんに尋ねてください。又、聖書を読んでください。 そうしないとあなたも偽キリストになるかも知れませんから、、、

あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか」。 そこでイエスは答えて言われた、「人に惑わされないように気をつけなさい。 多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。 また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。 注意していなさい、あわててはいけない。 それは起らねばならないが、まだ終りではない。 民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。 またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。 しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。 そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。 またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。 そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。 また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。 また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。 しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。 そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。 そしてそれから最後が来るのである。 預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が、聖なる場所に立つのを見たならば(読者よ、悟れ)、そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。 屋上にいる者は、家からものを取り出そうとして下におりるな。 畑にいる者は、上着を取りにあとへもどるな。 その日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、不幸である。 あなたがたの逃げるのが、冬または安息日にならないように祈れ。 その時には、世の初めから現在に至るまで、かつてなく今後もないような大きな患難が起るからである。 もしその期間が縮められないなら、救われる者はひとりもないであろう。 しかし、選民のためには、その期間が縮められるであろう。 そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。 にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。 見よ、あなたがたに前もって言っておく。 だから、人々が『見よ、彼は荒野にいる』と言っても、出て行くな。 また『見よ、へやの中にいる』と言っても、信じるな。 ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう。 死体のあるところには、はげたかが集まるものである。 しかし、その時に起る患難の後、たちまち日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろう。 そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。 またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。 また、彼は大いなるラッパの音と共に御使たちをつかわして、天のはてからはてに至るまで、四方からその選民を呼び集めるであろう。 いちじくの木からこの譬を学びなさい。 その枝が柔らかになり、葉が出るようになると、夏の近いことがわかる。 そのように、すべてこれらのことを見たならば、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。 よく聞いておきなさい。 これらの事が、ことごとく起るまでは、この時代は滅びることがない。 天地は滅びるであろう。 しかしわたしの言葉は滅びることがない。 その日、その時は、だれも知らない。 天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。
「マタイによる福音書24章」 (新改訳聖書から抜粋)

    ここでどんな順序で書かれているか調べて見ます。

  1. にせのイエス・キリストがたくさん登場
  2. 戦争が各地で起こる
  3. 民と民、国と国が敵同士となる
  4. ききんが起こり、地震がある。 (疫病が流行る/ルカ伝)
  5. クリスチャンへの迫害が始まる (にせ宗教にだまされる)
  6. キリスト教が人々の間で嫌われる
  7. 人間同士、親戚、家族同士の愛が冷える
  8. 全世界にキリスト教が伝えられる
  9. にせキリストがエルサレムに集結する
  10. 天地の異変
  11. 天にイエス・キリストのしるしが現れる
  12. イエス・キリストの再臨

    具体例を上げて見ます


これらのことは今から2000年前に書かれていました。 現在、この聖書を読んでいて、これは現在の事ではないかと思わされるこの頃です。 でも注意して下さい。 イエス・キリストの再臨の時は誰も知らないことを、、、、


イエスキリストを信じる人は神の子といわれます。 だからこそ悪魔にとっては一番恐ろしい敵です。 神の言葉である「聖書」に、この世界が進んで行く方向がはっきり書いてあります。 なぜなら、この世の中は神さまが全て計画されているからです。 世界は神さまの世界への完成へと進んでいます。 決して中途半端はありません。
でもご安心下さい。 神さまは全ての人が救われることを望んでいらっしゃいます。 世の中が悪くなっても、心までは悪に支配されない人がいるからです。 その人は、イエス・キリストを救い主と信じる人です。

あなたも是非このイエス・キリストを信じてみませんか? 聖書を調べてみませんか?

ホーム | 前に戻る