ようこそ!! 松田家ひとり言

ハイテクのこと ハワイでのこと 清涼飲料水
コンピューター インスタント・カップ麺 カメラのこと
パソコン・メモリーのこと コンピューター・ハードウェア ビデオのこと
ショッピング AV接続のこと その他


ウィンドウズ・コンピューター ホームページの知名度 HPの検索名人
CEO(最高経営責任者) プリンター 非社会的ソフト


プリンター
    ●ネットワーク化とワイヤレス
     今までコンピューターを単独で使っていましたが、電気器具の発展により複数化して来ました。 そこでどのコンピューターでもプリントアウトできるようネットワーク化が進みました。
     次にワイヤレスやモバイル化が進み、スマートフォンやiパッドでもプリントが出来るようワイヤレス化が進んでいます。ワイヤレスプリンターは必需品となりつつあります。


     最近、プリンターの価格が変です。 ハードウェアの価格を極力値下げし、消耗品を高くして商売をしているんです。 そうなると、消耗品を買うよりも新しいプリンターを買った方が安くなるという不思議な現象が起こります。 修理するより買った方が安いのです。 それとか消耗品のトナーやインクジェットの価格を考えれば新しいプリンターを買った方が得する場合があります。 まだ使用できるプリンターがゴミとなって増えます。

  • インクジェットの場合、印刷スピードの高速化によってインクジェット・プリンター用インクカートリッジの小型化が不可欠となりますので、高速化か印刷コストを 引き上げることが起こります。

  • カラー・レーザープリンターの場合、ハードウェアがセールで300ドル(少量のトナー)、4色のトナーを買うと約400ドル、そうしますと本当に消耗品を買ってそのまま 同じ製品を使い続けるのでしょうか? それとも新しい製品をいつも買うようになるのでしょうか?

  • 私の場合。マルチファンクションの白黒レーザープリンターを使っていましたがドラムの寿命が来ました。 それと同じくトナーが残り少なくなりました。 そうしますとドラムとトナーを買わなければなりません。 その合計が220ドルです。 新製品は300ドルで色々バージョンアップしています。 さて私はドラムとトナーを買うのか 新しい製品を買うかで迷ってしまいます。 現在のものは少し古いので紙詰まりも気になり始めそうですし、同じ機能でインクジェットタイプのものは130ドルで売っています。 そうすれば現在は安く買って、後で消耗品にお金を支払うという方法も出てきます。

  • 最終的にまだ使えるプリンターなのに捨てるゴミとなるのかというところで迷っているうちに変なことを考えてしまいました。

ホームページの知名度
  • ホームページを作成する人にとって一番大事なのは知名度が上がるようなホームページを作成することです。
  • サーチエンジンの会社(ヤフー、MSN、ゴーグルなど)へ出来るだけ多く登録することです。 広告料を支払えばいいのですが、結構高いんですね。 そこで、どのようにするかということを書きます。 サーチエンジンの中に登録できればしめたもの。 登録できない場合は諦めて下さい。 
  • 登録が終わったサーチエンジンのサイトへ行って自分のホームページを探し出し、それをクリックします。 日にちを変えてクリックします。 決して、他のサイトをクリックしてはいけません。 サーチエンジンではその回数をカウントし、順位がだんだんと上昇します。 その繰り返しです。

  • もう一つは、相互リンクをしてくださる所を捜してリンクを張ります。 その結果、友達のリンクのページから自分のホームページが見つけることが出来るようになればしめたもの。 色々サイトから自分のホームページを探し出せるようになります。

  • ホームページのページ数が増えれば、「META」を使用すればコンピューターが自動的にその内容を拾ってサーチエンジンに登録することがあります。

  • もう一つ大事なことは、ホームページをいつも新しい内容に変更することと、リンクのつながらない所を修正することです。 これらのことを行なっていると、知名度はどんどん上がります。

ホームページの検索名人
    最近、インターネットの普及で探し物が大変便利になりました。本の中から探し出すよりもよっぽど素早いです。 しかし、利用方法を知らなければ何の役にも立ちません。
    そこで使用方法をお知らせします。

  • まずは、ブラウザ(インターネット・エクスプローラ、ネットエスケープ)のアドレスに自分の探したい会社名.comとタイプすると見たい会社のホームページが見られます。

  • 小さな会社の場合は、ヤフー、MSN、Googleなどのサーチエンジンの検索項目に探したいものを入力した後に検索・キーをクリックすると探したい項目が出てきます。

  • もし、検索された件数が多すぎる場合、100件以上でしたら先ほど検索項目に入力したものの後に、空白を入れ、別の検索項目を入力し、検索・キーをクリックしますと検索範囲が狭まります。 今言った別の検索項目というものは、例;場所、時間、名前、何など自分が探そうとするものに関係する単語を入力します。
    りんごを長野県で買いたい場合は、”りんご 長野 ショッピング”と入力します。 りんごの種類を調べたい時は”りんご 種類”というように入力すればあなたは、検索名人です。

ウィンドウズ・コンピューター
     その昔、コンピューターは単純で一つのことしか出来ませんでしたがウィンドウズになり、記憶装置が大きくなり複数のプログラムが一度に処理できるようになりました。 画期的でした。 DOSの時はワープロだけとか、ゲームだけ、とか、ロータスだけ というような一個のソフトウェアしか使用できませんでした。 その時代は使いやすさの点や、印刷文字などの点でワープロが全盛時代でした。 私はその時、8ビットのコンピューターのワープロとワープロを二つ持っていましたが、ワープロに軍配があがりました。
     しかし、アメリカでワープロは壊れるし、修理代がかかるし、他機種との互換性問題などで、ワープロが嫌になりました。 そこで出たばかりのウィンドウズ・コンピューターの魅力に取りつかれました。 アメリカのコンピューターなのに日本語プログラムをインストールすれば日本語が出来るし、 会計ソフトのロータース123、ワープロは使えるので、どんどんとウィンドウズの世界へ入って行きました。 そのうちにワープロは消えて行きましたね。 そのコンピューターにモデムが付き、インターネットが始まり、Eメールが普及し、今ではなくてはならないものになりました。企業努力の賜物でしょうか?
    現在、ハードウェア小型化が始まり、持ち運びを重視するものが増えて来ました。 主に仕事やメディア向けのマシンでは必需品、家庭からはモバイル化の登場で減りつつあるようです。
    しかし、これからコンピューターで何をするのでしょうか? 簡単になるはずのコンピューターが試行錯誤で複雑になり、技術革新は今も続いています。

    • DOS-1981年 (初期OSでいつもメモリーコントロールに悩まされる)
    • Windows 3.1-1992年(一度に複数のプログラムが動作することで脚光を浴びる)
    • Windows NT3.51-1994年 (Windowsのビジネス系として登場)
      Windows 2000発売で消えていく
    • Windows 95-1995年 (インターネットが本格的に始まる)
    • Winmdows 98-1998年 (安定したOSで今も使用されているが、セキュリティー問題でメモリー不足が問題)
    • Windows 2000-2000年 (メモリー不足を解消するために生まれた安定したOSだがMS-DOS系ソフトとの互換性が問題)
      ビジネス系のWindowsNTをホーム用向けに開発
    • Windows ME-2000年 (Windows98に新しい機能を追加したためメモリー不足で、いつもフリーズしやすくなる)
      MS-DOSを利用するOSは終わりを告げる
    • Windows XP-2001年 (2007年度の時点では一番安定したOS、2014年にサービス打ち切り予定
      これ以降、ハードウェアの発達により32ビットと64ビットに対応、将来32ビットは消滅か?
    • Windows Vista-2007年 (セキュリティー機能が充実したOSでしたが、新機能と複雑さで不安定なOS
    • Windows 7-2009年 (Vistaの機能を改善して発売され安定したOS
    • Windows 8 (モバイル化を追加改善して2012年度発売される予定

CEO(最高経営責任者)
     世界は国際化企業(世界統一化)へ向かって一直線、誰も止められない事実であり、未来の進む方向です。 しかも聖書の預言はこのことを2000年以上前から述べてきました。 その実現が一体何を示すかは、皆さんでその謎を解いて欲しいと思います。 国際企業化は、文化、言語、人種を超えた大きな指導者が必要です。 それを世界は求め始めました。 いまだかつてない大きな指導者が必要です。 国の指導者以上に大きな指導者。 この指導者により世界が左右される時代はそう遠くはないでしょう。 例としては、車のメーカー日産自動車、有能なCEOの助けによって再建がなされました。 しかし、ここには徹底した利益主義の考えがあることは否めません。 人員整理された者とそのまま残り続けた者との差は大きく開きます。 
     聖書ではこの様な中で、教会の中に隠された知恵があるという。 ただ、教会の中でもCEO的なリーダー の求めが行なわれようとしていることは世の中の流れか、、悪魔の動きか、、愛の目から見た方法で歩んで行く必要があります。

    • 産業界 (車、飛行機、造船、鉄鋼、石油など)
    • コンピューター関連 (ハード、ソフト)
    • 家電業界 (新技術開発、規格の統一には世界的な協力者が必要)
    • 航空会社 (航空会社は世界化に対応するために合併)
    • マスメディア (国際化ニュース対応できる大企業)
    • エンターテイメント (国際映画の製作、ヒーローの発掘)
    • ファッション界 (流行衣料、ブランド製品の開発)
    • 医療 (エボラ熱、SARSなど新ウィルスに対応)
    • 保険業界 (災害保険、医療保険、火災保険など)
    • 学術 (クローン、バイオロジーなど、神の領域に近づく)

非社会的ソフト
     非社会的ソフト、、、企業、ビジネス団体を邪魔するソフト?、掲示板荒らし、個人情報収集ソフトなど色々ありますが、今回は掲示板荒らしと個人情報ソフトの事を書きました。
    • 掲示板荒らし
      各コミュニティーの働きを邪魔するのが、掲示板荒らしですが、自分の利益だけを考えて広告を書き込むという会社です。 これは非社会的ソフト会社でしょう。 このような会社が堂々とビジネスをしているのですから信じられません。
      またこのソフトを利用する会社も限られてきます。このような会社は、長続きせず、将来信用がなくなります。 しかし、非社会的な会社(わいせつ、男女不正交際、ネット広告会社など)は このソフトを喜んで使用します。 自分が儲かればいいのですから、、、
      その会社名は Bitarea.comです。 また私のサイトもこの情報を知って自分を守る人、それと悪用する人がいます。 これが人の悪です。 儲けこそがその人の人生の目的であれば平気で非社会ソフトを使用します。

    • 個人情報収集ソフト
      今の世の中は色々な情報社会です。消費者の動向や思考を知っているとビジネスに役立ちます。 しかし人間社会が悪くなると、人の財布の中まで入り込んできて   ひどい時には、人の財布(銀行口座、クレジットカード)の中身まで抜き取ってしまう人が増えてきました。
      今回は人のメールアドレスを盗み取る商売をしている会社があるという事を知ってください。
      その会社名は「ビジネスソフトウェア・サーバシステム研究所」です。あちらこちらからメールアドレスを探してきて、スパムメールを送るソフトまで作成しています。 このような儲けを目的にしている会社があるので、いつまでもスパムメールは無くなりません。 恐らく、このソフトを使用する人の問題だと言いたいのでしょうが、 この会社が一番の問題会社だと私は思いますがどうでしょうか?
      例えば、あの人は泥棒だと分かっているけれど、現行犯でなくては逮捕できない。 というところでしょうか、、、、

E-mail; メールをお待ちしています



ホーム | 便利屋 | 前に戻る