ようこそ!! 松田家ひとり言

ハイテクのこと ハワイでのこと 清涼飲料水
コンピューター インスタント・カップ麺 カメラのこと
パソコン・メモリーのこと コンピューター・ハードウェア ビデオのこと
ショッピング AV接続のこと その他


歴史の確証 子育て 幼児虐待



歴史の確証
     最近、ニュースの確かさを証明するために、よく用いられるのが出来事です。 例えばビンラディンが生きているかどうか? またいつ撮影したビデオ、又は記事かどうかを調べるためには最近起こった大きな出来事を話すこと、又は出来事を書き込んでいるかどうかということです。 ハワイ島で、最近M6.7の大きな地震がありました。 この記事を書いたものは2006年10月15日以降に書いた記事だとわかります。
    日本書紀という古い歴史書がありますが、この確かさを調べようとした時、世界各地で起きた地震、日食、月食、彗星の記事、歴史書と比べて調べようとしています。

     さて、今から3000年以前の出来事や詩、預言を残そうとした民、ユダヤ人の書、そしてその当時権力を握っていたイスラエル周囲の国の歴史書から、ユダヤ人の書いた歴史書、又の名を「聖書」からその確かさが証明されています。 ただそれだけかというとそうではないことが明らかになります。 3000年以上前に書かれたものが、なぜ残っているのでしょうか?  不思議と思いませんか? 
     今の時代でも自分の書いたものが果たして100年以上保管されるでしょうか? 答えははっきり言って「ノー」です。 その記録書を残すには、何世代もの子孫達が同じ考えに立って、一字一句を間違えなく残そうとする努力がなければ出来ないことです。 もう一つは、財力、考え方、思想統一、又は安定してなければ出来ないことです。
     その時代の人が、昔の歴史書を読んで素晴しいと思えるような記事でなければ、残りません。 しかし、聖書の中に出てくる人たちにとって失敗の書です。 どうして、そんな書が残ったのでしょうか? 残すことが恥ずかしいようなことがほとんどです。 それは人間の限界を教え、神に頼る素晴しさについて書かれていると感じた人が残したと思います。

     もし、その時代の人がこんなものは要らないと思えば、この書物は終わった筈なのですが、この書物が良くても、悪くても語っていることは真実だという人たちが残したものなんです。 しかも、それだけではなく古い書物を残しながら、自分もその考え方に賛成だといって、新しく書き加えていった歴史書、詩、預言書であり、近代の書、未来の書なのです。 この書物は最終的に今から1900年ぐらい前に書き込みが終わりました。

     1000年近くかけて色々な人によって書かれた本、1900年以上も昔の本、しかし今もその考え方、思想に賛成して語り継がれている本、「聖書」。  またその聖書の確かさによって世界の年代(BC、AD)もこの本から決められたものなんです。 しかも、現在、未来の歴史にもつながる不思議な本。 これはまさに神の残して下さった本ではないのでしょうか。

     あなたも世界のベストセラー、聖書を読んで見ませんか、、、

子育て
    ●三つ子の魂、百まで
     子供はいつ育てるのでしょう? それは早ければ早いほど良いのです。
    理解できるようになってから、教えると思っている親が意外に多いのです。 そう思っているうちに子供のしつけはなされています。

     困ったことに大きくなってしつけようとする親が多いのです。 子供は今までしつけられたことがありませんから、親の言うことを聞きません。 理解できてもその習慣がないので好き放題に生活をします。
     そのようになっても出来るだけ早めに根気よく教えることが大事です。 子供が小学生、中学生になって教えようとすると反発を買います。 当然なことなのです。


     一昔前、日本人の家庭教育が素晴らしいと世界の国から褒められていましたが、最近は決して褒められない国民ではないかと思います。
     一体どこが悪いのでしょう? 子育てが出来ない親が増えて来ました。 少し前までは祖母、祖父と家族で一緒に暮らすことは普通でしたが、最近は核家族化が進み若い両親と子供だけの家が多くなり、子供も少子化でしっかりと面倒が見れなくなってきたからです。

     他人の目を気にする文化は、子供を人前で叱る事もしなくなってきました。 子供に自由にさせることが良い教育だと思う人が多くなり、子供の躾けが出来なくなりました。
     その結果、放任主義、二重人格化に拍車がかかり、幼稚園、学校、社会は混乱が起こっています。 仕舞いには子供のしつけは社会の教育機関に任せるようになりました。 そうすれば子供は家ではわがまま放題、外では良い顔、、、、又は家でも、外でもわがまま放題、、、この結果、子供の心、社会の中が傷付いてきます。
     小さな時からの一対一の親と子の人間の付き合いをして貰えない子供たち、またその事に逃避して生活をしてる若い両親たち、悲しい現実です。 ほんの数年間の親と子の心の触れ合いが子供の心を育てるのですが、、、
     また子供を通し、若い両親の人間性の成長にとっても役立っていますがそれを放棄するのはちょっと寂しいです。 どうか毎日を真剣に生きてください。
     生きようと思って生きられ無かった人がたくさんいるんです、、、
    (特攻隊、戦争や事故、病気で亡くなった人たち、食糧難、自然災害で亡くなった世界の人たち)

     生きようと思って死んでいった人たちと比べて、あなたは弱すぎます。

幼児虐待
     人に対しての愛が冷えたら、子供へのしつけが出来なくなります。
     しかし、それは全てがあなたの責任ではありません。 確かに幼児虐待をしているのはその人です。 幼児虐待前にあなたが今まで教えられ、経験してきた心の中に傷ついた事があるのです。
     それらの傷が幼児虐待する心を作り出しているのです。

     それは自分ひとりの力ではどうにもなりません。 それに気づいた人が教えてくださる事、また自分の傷ついた心を知ってくださる人が必要なのです。 その事を知った上で、友人や先輩に相談するべき事です。
     教会はそのような人たちが集まっています。 決して教会は正しい人の集まりではありません。 教会へ来る人たちは、それらの傷を見直すことから始めようとしている人が集まります。 特にイエス様は罪を持った人の心を癒してくださいます。
     もっと素晴らしい事は、その傷が癒され人々が、同じように苦しんでいる人に生きる力、希望を与える力を生み出している事です。

       ぜひお近くの教会へ行ってみてください。 また自分の事を話をして見て下さい。 あなたを助けてくださる人が見つかると思います。

ホーム | 便利屋 | 前に戻る