ようこそ!! 松田家ひとり言

ハイテクのこと ハワイでのこと 清涼飲料水
コンピューター インスタント・カップ麺 カメラのこと
パソコン・メモリーのこと コンピューター・ハードウェア ビデオのこと
ショッピング AV接続のこと その他


7-イレブン ロングス セーフウェイ
ウォールマート マルカイ ドンキホーテ
ホーム・デポ ターゲット オフィス・デポ
ベストバイ サーキットシティー シアーズ


7-イレブン
     ハワイでのショッピングを教えます。ちょっとしたお弁当か、コーヒー、ソーダを飲む場合は7-イレブンを利用します。 値段的にも安くてサンドイッチ、むすび、弁当など用意されていますし、店が小さいので欲しいものがすぐに見つかり急ぐときはとっても便利。 その他に簡単な必需品は割高ですが売っています。 時間を節約して、買物をしたい人にはピッタリ。 特に車でちょっと買物できる場所にありますのでいいですよ。

ロングス (Longs)
     セブンイレブンよりも大きな中堅ストアで、売り物に工夫をしておられる店がロングス・ドラッグストアです。 ハワイの土産物も色々なものを売っていますし、日用品は大体、手に入ります。 ちょっとした買物はここでしますが、食べ物はほとんど売っていません。 この店の良いところは、季節によって必要な商品がたくさん取り揃えてありますので、クリスマス、ハロウィン、花火、レバーデー、学校用品などの時、便利です。 それに時々値引きセールを行なっていますので、安く買えるものがあります。

セーフウェイ (Safeway)
     アメリカ本土から来た食料品ストアーで、本土から送られてくる食品は安いです。 特に牛乳、卵、肉、缶詰め、シリオ(コーンフレーク)などはここがお勧めです。 しかし、日本関係の食料品には弱く、和食希望者には不満かも、 結構アイスクリームには種類が多く、好きな人にはお薦め。

ウォールマート (Walmart)
     安くて大量に売っていますので、一度にショッピングを終わらせたいと思っている場合には、便利です。 売り場面積でも非常に大きく、食べ物以外、ほとんどの物が手に入ります。 しかし歩く歩くで、ちょっと疲れるかも知れませんが、 運動不足の人にとって良い運動となります。 ただ、ウィークエンドは駐車場、人が混雑して待ち時間が掛かるし、駐車場も遠くまで歩く必要があり、もっと体力と時間が必要となります。 家電、CD、DVD、衣料品、靴、日用品、薬、おもちゃ、学用品、自転車、台所と洗濯用品、アメリカン・ストアーの代表的な店で、一見する価値があります。

ターゲット (target)
     2009年の始めにターゲットという小売店が進出しました。 感じとしてはウォールマートと似ています。 衣類も少し割高ですがウォールマートと比べると、もう少し質の良いものを売っています。 女性には大変喜ばれそうです。
    Kマート、ウォルマート、ターゲットは似た小売店ですが、大量で安い物を売るというところから少しずつ、個性的な店へと変わりつつある中の一つの店でしょう。
    この店も、大きくウィークエンドも大変混み合います。

マルカイ (Marukai)
     日本の食料品が欲しい時に行くのが、この店ですが、会員制になっていますので、年会費10ドルを支払って会員になる必要があります。 会員になると自動的にマルカイのチラシを送ってもらえます。 日本食品の多さにはビックリするものがあり、見比べて自分の欲しいものを手に入れることが出来ます。 ちょっとした日本のストアーよりも品揃えが多く満足できます。 しかし、日本食品は輸入しますので、少し割高ですが日本食の慣れた人には 止まらないものです。 ハワイにこういう店があるのは嬉しい限りです。 大家族には量の多いサイズのものを揃えていますので、いいですね。 ワード店には99セントショップ、薬コーナーがあり、たくさんの人が利用されています。 場所としては空港近くの店のデーリングハムの店が一番大きいです。 ここデーリングハム店には、食料品以外に薬、電化製品、金物、アルコール、 日用品、お菓子などたくさん売っています。

ドンキホーテ (元ダイエー)
     ハワイのダイエーは日本のドンキホーテという会社に買収されました。 このドンキホーテの強さはやはり日本の食材でワイキキからすぐのところにあり、観光客、ローカルの人に喜ばれています。 冷蔵食品の豆腐、納豆、生めんは安く、ちょくちょく買物にきます。 一番良いのは、夜遅くまで開店してますので、仕事帰りの遅い人、夜食などはここドンキホーテを利用するのが一番だと思います。 火曜日はシニア・シチズンの安売りで、ご利用されたらよいかと思いますが、そうでない人は混雑する午前中は避けたほうが良いかもしれません。 ここには食材の他、1ドルショップ、電化製品、日用品、普段着、土産物、自動車用品などもあります。 ビックリするのはお中元、お歳暮を売っているところです。 ストアーの外にある食堂も安くて利用価値があります。

ホーム・デポ (Home Depot)
     コスコ(カリヒ)の隣にある大工用具、水道、下水工事用品、電気配線用品、照明、園芸店です。 広い売り場を利用した専門店で、アメリカのバス、キッチン、ドア、ペンキ、照明器具、エンジン式芝刈り機などプロの人も利用している所で、 大工仕事をしたいとお考えの方は、ココをお勧めします。 家一軒できる材料、道具など色々売っています。 あまり知識がない人は、従業員にヘルプして貰う必要があります。 その場合、全て英語ですので、英語の出来る人と一緒に行く方が良いかもしれません。 買ったものは自分で持ち帰るのがアメリカでは常識ですが、トラックが無いときは困ります。 そんな時、この店はレンタルトラックを貸してくれます。

オフィス・デポ (Office Depot)
     学用品、事務用品、コンピューター、机(自分で組み立て)などはココがお薦めです。 値段は安いですが、種類が少ないので迷わないでお買い求めになれます。 単品で買うよりも、セットで買うともっと安くお買い求めになれます。 ただ従業員が少ないので、質問がある時は苦労します。 コンピューターも安いのですが、すぐに売り切れることが多く早めに買いに行く必要があります。 売り切れた時は、他のチェーン店がオアフ島にありますので、注文出来る時もあります。 この店にも、ウォロンティー(電気器具修理保険)があるのですが、自分の店では直さないのであまり私はお勧めしません。 ウォロンティー無しでコンピューターを買うならココが良いと思います。

ベストバイ (Best Buy)
     最近、ハワイに出店した店で、米本土からの進出で低価格を実現しています。 品物は、コンピューター関係、家電、CD、DVDなどほとんどのものを色々売っています。 しかし、低価格品は売り切れが多く、欲しくても手に入らないことがあります。 ハワイのどこの店もそういうことが多いので、今は慣れてしまいました。 やはり、島なので商品が欲しくても船で何週間もかかるんですね。 そういう時はゆったりとしたハワイ気分をお忘れなく、せっかくきれいなハワイの景色が台無しになりますから、、、 ハワイはそういうところなんですね。
    Best Buyには自分の店の中で修理する部門があって、ウォロンティー(電気器具修理保険)を買うならココ。 中国産のコンピューターを買っても安心して購入できる貴重な店です。

サーキットシティー (Circuit City)
     パールシティーにある家電ストアーです。 ほとんどの家電製品が取り揃っています。 意外に知られていないということで、安いものが手に入ることがあります。 ただ、ハワイにはたくさん、米本土からの大企業が入ってきていますので、いつまで価格競争が続くのでしょう? もう少しすると、これらの店が閉店するのも近いかもしれません。 消費者にとっては有難いのですが、、 ホノルルの人にとって少し遠いかな、、
    やはりあまりビジネスが良くなかったみたいで、2009年始めで店じまいしました。

シアーズ (Sears)
     シアーズは電化製品は何でも売っていますが、値段は高いです。 やはりアラモアナショッピングセンターの中だからでしょうか? しかし、アフターケアー、商品配達には強い場所です。 アメリカではほとんど商品の配達をしてくれませんので、自分で家に持って帰らなくてはなりません。 洗濯機、冷蔵庫、大型テレビ、、、一人では無理ですし、トラックがない家庭では持ち帰りは無理です。 その時はココで買い物をすると70ドル別に支払えば家まで届けてくれます。 時間に余裕がある方は、商品を買う前に店内の値段を1週間ぐらいチェックすると安売りのセールと重なる時があります。(人気洗濯機で週100ドル値段が違いました。私の時は最高で200ドル差がありました。) 買った後も1週間以内であれば領収書持って、自分の買ったものの値段を見て、値段が下がっている場合はセールスマンに言いましょう。 差額を戻してくれる場合があります。 この賢い買い方なら他の店に近い価格の買い物が出来るでしょう。

E-mail; メールをお待ちしています



ホーム | 便利屋 | 前に戻る