ようこそ!! 松田家ひとり言

ハイテクのこと ハワイでのこと 清涼飲料水
コンピューター インスタント・カップ麺 カメラのこと
パソコン・メモリーのこと コンピューター・ハードウェア ビデオのこと
ショッピング AV接続のこと その他


ビデオカメラ ビデオ再生 DVDレコーダー
動画フォーマット DVR


DVR
     最近、DVDレコーダーでは著作権を守ることが出来にくいため、DVR化(Digital Video Recorder)が進められております。
    それと共にアナログ・ケーブルからデジタル・ケーブル化して双方向の信号化を達成し、著作権を守ることになっています。
     そこでメーカーが販売するDVDレコーダーは少なくなっています。 しかし、デジタルビデオカメラで録画したものを保存するためにはDVDレコーダーが必要です。 コンピューターがあれば、コンピューターに保存する事もできます。

     さて話を戻しますが、DVR化することにより助かった部分もあります。 タイムワーナー社(オーシャニック・ケーブル)で使用しているDVR付ケーブル・ボックスでは内臓のハード・ドライブによって留守番録画を簡単に出来るようになりました。 しかし、DVR録画したものにDVDレコーダーを接続すると、ダメ表示が出ますので、録画ダビングが禁止されます。
    DVRに録画できる時間には限界があり、仕方なく古い録画を消す事となります。

DVDレコーダー
     最近、どんどんと値段が下がっているのがDVDレコーダーです。 日本ではハードドライブが付いたDVDレコーダーが一般的ですが、アメリカではハードドライブが付いていないDVDレコーダーがよく売れています。 アメリカではブランクDVDの価格が安いので理由はわかりますが、最終的にはコマーシャルなどをカット編集できるハードドライブ内臓型が売れるようになると思います。 しかしまだアメリカでは、DVDレコーダーは主流ではありません。
     今まではビデオ・テ−プが主流でしたが、DVDが主流となりつつある現在、DVDレコーダーを買う人が増え、VCRを購入する人が少なくなっています。 そのせいでしょうかVCR単体より、VCRとDVDプレイヤーが一体になったものが一般的です。 そういう点でも、VCRはDVDレコーダーに代わりつつあります。
    最近DVDレコーダーに、長時間録画(SP、LP、EP、SLPなど)の出来るものが出来てきました。 単体で使用するにはいいのですが、他機種との互換性が問題です。 光軸のズレでしょうか? 長時間録画したDVDが別のDVDプレーヤーで見ることが、まだ難しい 時があるのです。 互換性を優先するのなら標準スピードでDVDに記録するようにしましょう。 将来もっと性能は良くなると思いますが、、、
     現在、メーカーは新DVDレコーダーの開発を考えています。  そうすると、メーカーは新しい形式で長時間録画の方に進むようです。 それでは今までのDVD形式はどうなるのでしょう? 儲け主義メーカーの対応はちょっといい加減ではないでしょうか、、消費者はそれでいいのでしょうか? レコードやCD、VHSビデオテープは何十年もの期間、使用出来たのですが、DVDは短命に終わるのでしょうか? 2〜3年間はまだDVDでしょうが、新規格DVDに変わるのはいつかという事も注意して見守る必要があります。

ビデオカメラ
     先日、ビデオカメラを売っている店でウィンドウ・ショッピングしました。 しかし驚きましたね。二年位前に1000ドルで売っていたものが今は半額以下で売られていました。 私はその時、欲しいなと思っていましたが買いませんでした。 ラッキーというか信じられないという感じです。 あの高かったビデオカメラの値段はどこへ消えていったのでしょうか?
     メーカーが儲けるために高い値段をつけて売っていたのでしょうか? とにかく新しいものを作っているうちに古いものは価値がどんどん下がって行きます。 しかし、それらの古い機種を持っている人はどうするのでしょう? 今のうちに古いビデオカメラを作動させ、コンピューターを利用して DVDに記録しておくしかないですね。 大事な子供の記録、結婚式のビデオなどが見られなくなる前に!

    • 8mm Film
    • VHS
    • VHS-C
    • S-VHS
    • Hi-8
    • Digital-8
    • Mini DV
    • HDD(ハード・ドライブ)
    • フラッシュメモリー(SD、SDHC、メモリースティックなど)

ビデオ再生
     私の幼い時、映画を見るといえば映画館か、学校の講堂で16ミリ映画を見るというのが普通でした。 技術は進歩しどこの家でも簡単に見られるようになりました。 ラッキーというか信じられないという感じです。 あの高かったビデオレコーダーの値段はどこへ消えていったのでしょうか?
     メーカーが儲けるために高い値段をつけて売っていたのでしょうか? とにかく新しいものを作っているうちに古いものは価値がどんどん下がって行きます。 しかし、それらの古い機種を持っている人はどうするのでしょう? 今のうちに古いビデオ再生機を作動させ、新しいビデオレコーダー に記録しなおすしかないですね。 大事な子供の記録、結婚式のビデオなどが見られなくなる前に!

    • スライドショー
    • 16mm Film
    • 8mm Film
    • ビデオテープ(VHS方式、Beta方式)
    • ビデオテープ(S-VHS)
    • レーザーディスク、VHD
    • VCD
    • DVD
    • HDD(ハードドライブ)
    • BD(ブルーレイ)
    • フラッシュメモリー(SD、SDHC、メモリースティックなど)
    • その他(プロジェクター)

動画フォーマット
     最近、コンピューターと動画が切っても切れない関係になりつつあります。
    そうなりますと動画の圧縮技術、著作権などの関係で色々な種類の動画フォーマットが出てきました。
     始めはあまり気にしていませんでしたが、あまりにもその種類が増えて頭の中だけでは整理できなくなって、自分なりに整理してみました。
    とにかくとにかく新しいものなので自分自身も頭が混乱していますが、整理が大事です。 大事な動画は新しいフォマットに取り替えて保存する必要があるかもしれません。

    • MPEG-1 (mpg, mpeg)
    • MPEG-2 (mpg, mpeg, m2t)
    • MPEG-4 (mp4)
    • DivX (div, divx)
    • ウィンドウズ・メディア (wmv, wvx, asf)
    • Quick Time (avi, mov, qt)
    • RealVideo (rm, ram)
    • Flash Video (flv)

E-mail; メールをお待ちしています



ホーム | 便利屋 | 前に戻る